屯田兵のうた

提供: tondenwiki
移動: 案内検索

「屯田兵のうた」は、太田兵村で歌い継がれたとされる数え歌。

目次

[編集] 作者・作成年次

作詞・大光寺の住職の家族が作詞したとされるが、詳細は不明。
作曲・不明
年次・不明


[編集] 歌詞

  1. ひとつとせ ひとつ身のため国のため 政府に義務をつくさんと この屯田兵
  2. ふたつとせ ふたつ戦のあるときは 大和魂忘るなよ この屯田兵
  3. みっつとせ 皆さんたくさん扶籍あり お米のたりないのは困ります この屯田兵
  4. よっつとせ よくもそろえた屋づくりを 四百四十戸みな同じ この屯田兵
  5. いつつとせ 五日渡りの塩菜料 いつでも十日か十五日 この屯田兵
  6. むっつとせ むりなことだよ軍人に チラカラベツから角曳けと この屯田兵
  7. ななつとせ なんでもかんでも公役と 今日も公役あすも又 この屯田兵
  8. やっつとせ やめておくれよ公役を 開墾しなけりゃ法が立たぬ この屯田兵
  9. ここのつとせ ここで目的立てなけりゃ なんと政府に申し訳 この屯田兵
  10. とうとせ とてもかなわぬ積米を 三割引かれて身のつまり この屯田兵


[編集] 出典

『太田村のれきし』(昭和42年・1967年、太田村史編纂委員会)

[編集] 解説

「チラカラベツ」は、太田兵村の東方にある地名・チライカリベツ(厚岸町)を指すとみられる。

[編集] 参考


個人用ツール
名前空間

変種
操作
管理運営
案内
ツールボックス
屯田兵名簿データベース
屯田兵デジタル・アーカイブス