北海道屯田倶楽部

屯田資料室

兵村マップ

 

資料室には、屯田兵の歴史をはじめ、北海道内37か所の兵村それぞれの入植の経緯と併せて、全屯田兵の名簿と配置図を収録してあります。関係法令集や給与地の状況などさらに詳細なデータを蓄積していきますので、ご活用ください。


       

 特 集  子思孫尊people.htmlpeople.htmlshapeimage_1_link_0
 倶楽部の概要plof.htmlplof.htmlshapeimage_2_link_0
 屯 田 資 料 室shapeimage_3_link_0
 研究リポートreport.htmlreport.htmlshapeimage_4_link_0
 兵 村 は 今 ...news.htmlnews.htmlshapeimage_5_link_0
 会報・出版物publish.htmlpublish.htmlshapeimage_6_link_0



お問い合わせ 

屯田編集部  
 

屯田兵のふるさと情報

56号

(記事の一部を読めます)

P R

屯田兵名簿

入会案内join.html
会員の著書紹介rep2zhe_shu.html
バックナンバーbucknum/bucknum.html
 屯田兵マップ
 兵村の姿heison/heison.html
 年  表timeline.htmltimeline.htmlshapeimage_14_link_0
 屯田兵名簿DBhttp://tonden.org/dbspro/entry.htmlhttp://tonden.org/dbspro/entry.htmlshapeimage_15_link_0
 博物館・史跡http://www2.ocn.ne.jp/~history/museum.htmlmuseum.htmlshapeimage_16_link_0shapeimage_16_link_1

 37兵村 屯田兵が拓いたマチ



明治8(1875)年の琴似(札幌)を皮切りに明治32(1899)年の士別・剣淵まで、全国から集まった屯田兵は、北海道内の37兵村(二重丸は2兵村からなる)に入植し、地域の産業文化とまちづくりの基盤をつくりました。


 


 7,337名 屯田兵のふるさと



24年間にわたって北海道に入植した屯田兵は計7,337名、家族を合わせ約4万人にものぼります。彼らの出身地は、神奈川、沖縄を除き全国各都道府県に広がっています。地図にあるように東北、北陸のほか九州・四国など西日本からの移住が多いことがわかります。

(データは上原轍三郎『北海道屯田兵制度』より)


 
 書 き 込 み 隊board.htmlboard.htmlshapeimage_17_link_0
 ネットワークlink.htmllink.htmlshapeimage_18_link_0
 会 員 告 知 板saloon/saloon.htmlsaloon/saloon.htmlshapeimage_19_link_0

会員専用のページです。利用法、パスワード等については屯田編集部へお問い合わせください

ゲストブック・掲示板

リンク集

 アーカイブarchive.htmlarchive.htmlshapeimage_20_link_0
屯田兵の回顧談voice.html
屯田兵アーカイブスarchive.html
最新号
屯田兵ウイキペディアhttp://tonden.org/wiki/index.php?title=%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8